ステージ

人がガンになると、良く出て来る言葉・・「ステージ」。
ステージなんとか、の数字が上がればあがるほど、、進行してるってこと。

ガンの部位や種類によるけど、ステージの数が大きいと、それだけでびっくり、、、てか青くなる。
そのうえでどの治療法があるのか聞いて、やっていくことになるわけですが。
一般的に、痛いっていうよね、、、ステージ、、4とかだと。

痛いのを緩和させるためにも、化学療法などの治療をするのですが、
一般的に、これによる副作用もつらくて、
「殺してくれ」
ってくらい痛いのだそうだ。

痛くてもがきながらなくなっていく、という話を聞いたことがあるはずです。
本当に苦しいみたいで、それはやわらげてあげたいですねーー。

ステージいくつ、だけでははかれないものもありますが、
聞きたくなくても聞いてしまうこの言葉、、、その時によるのですが、
医者にはなんでも質問して、納得のいく治療をしていきましょう。

有名な(?)のでは、歌舞伎役者の奥様で、元アナウンサーの人が亡くなった時に、
よく「ステージなんとか」って出てましたね。

見つかった時にはひどかった、っていう例ですが、本人は少し前に検査をしていたのだそうです。
そういうこともあるので、定期的にちゃんと検査すべきなのですねー。

このブログ記事について

このページは、まゆこが2020年1月 1日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何が必要?」です。

次のブログ記事は「テグスをこまねいて、」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。