2017年5月アーカイブ

母というもの

母、お母さんという存在は大きい。
なぜかお父さんより大きい、と個人的には思う。
お父さん、の存在が大きいのは素晴らしいことだけど、個人差もあるけどだいたいはお母さん派ではないかなと。

知り合いの子が「お母さん大嫌い」でした。
なくなった時も涙も流さなかった。でも心では思ってるはず。
その子に会うときに「なにか持って行こうか?」って聞いたら、
「じゃあ母の仏壇に飾る花を持ってきてくれる?」
でした。
ちゃんと愛してるじゃないか、とね。

母親との仲が悪い子供もいますけど、多くじゃそうじゃないでしょ?
思春期などは親と喧嘩したりもするけど、大人になると親の気持ちがわかるようになり、
そのうちに大事なものになっていく、
いつまでも長生きしてほしいと思うまでになる。
それが家族だもんね。

母に会いたくなりました。
元気みたいですけど、そういう意味ではなくて会ってあげなくては、って気持ち。
いつまでも生きてはいない、順番でいったら先に亡くなっていくのだ。
もっと話をしよう、もっとあっておこう、そう思いました。

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。