シーツを洗いました。

最大でも1週間で一回はシーツを変えてまして、今日洗いました。
洗って干してると、そろそろシーツも新しいのがほしいなーってね。
もちろん替えのシーツはあります、お客様用のシーツもあるけど、しばらく使ってないので、
お客様用のシーツもそろそろ洗った方がいいかも、、、畳じわもついてるし。
天気がよければいいけど。
明日は雨かもだ。
それでも洗う準備はしておこうかなって思ってます。
さてこのsキツですが、何カ月も変えない人っているんですねー、我慢できないーー。
そんな人の家に泊まりに行く勇気がない。
たとえお客様用のは洗ってあたても、、なんか不潔な気がしてしまうのです。

シーツ、、洗うでしょ・もっと頻繁に?
誰もが数か月に一回じゃないでしょ?
そうなの??あなたはそうですか???
いやー、気持ち悪いでしょ。
寝てなくても数か月たったら洗いたくなりますよ、ホコリとか絶対かぶってますよ(ベッドに着いてる場合)。
洗いましょうよーー!

時々いるね、、泣

時々、お父さんに多いけど、、、子供を
幼稚園とか保育園に預け忘れてそのまま車に放置して仕事してた、、ってありますね。
もちろんあってはいけないことなノン、時々これあります。
子供の事はママがする、とか、いつもはママがしてるから、忘れてしまうんだろうけど、これって・・・ないでしょ。
忘れるってどうなの。

この逆もありますね、車の中に、または(これはましなほうだけど)幼稚園とか保育園に預けっぱなしで、
ずっと夜まで仕事しちゃう、ってね。
保育園なら、hその保育園側から連絡が来るだろうけど、
忙しいお父さんはスマホを切ってたりなんかもする、

車の中は大変です、数時間で夏は熱中症、そして死亡、ってことも過去にはありました。

忘れる、、ってどうなの。勘弁してhしいー。

子供を愛してない親はいないでしょうけど、」こういうことはあってはいけない。
一生その十字架を背負って生きていかなkyてはいけないです、、監視委からね、気を付けましょう。
きをつける、、というか、やってはだめです。

世のおとうさんがた、お願いしますよーー。

偽善者

知り合いの知り合いに、「この人は、、、」って感じの、、はっきりいってしまえば偽善者のような人がいます。
うそつき、、でもないけど、、言ってることとやってることが違うんです。
不思議なのは、そのことに周りは気づいていないみたい。
どうして?こんなにハッキリ出てるのに、、って、首をかしげます。
でも周りはそう思っていないし、言ってることは素晴らしいのです。
それならいいのか。
人はそこについていくのか。

我が道を行くから、自分が納得しないうちはこの人に共感は出来ないし、距離を置いています。

おかしな感覚の世界に足を踏み入れたくないんです。

その人は、神がかりなヒーラーさんでして、神がかりなことを、神がかりな言葉で人をお誘いしている人です。
もちろんお金が発生します。
金額も高い。
ヒーラーさんってお金の設定が高いので驚かないけど、
内情を知っているのでやはり自分には納得できません。

いいのです、勝手にここで言ってるだけで、、、この人、またはこういうのが好きな人はそこへ行ってくださいね。

自分はdどうしても入れない世界、ってなだけですので。

ウエビなー

ZOOMでの言葉だと思うのですが、ウエブでの「ウエビナー」が流行っています。
今はなんでもこれなんじゃないかな。
最初はなにかと問題があったようだけど、結局はここに落ち着いているみたい。

これが何かっていうのは分からないけどね。自分には、ですよ。
ほとんどの人は分かってるはずです、頭いいから。

このウエビナーというのでセミナーを受けました。
なかなか音声もいいし、スムーズでした。

主催者側がどうやっているのかは分かってないけど、でも、いい感じなようです。
簡単?かな。おそらく。

招待された方はクリックするだけでセミナーが受けられるので楽です。

昔はスカイプで、だった人も今はZOOMですねーー、、、
これはこれで」悲しい感じはするけど、でもしょうがない。
そういう時代なのだ。

今後もまた新しいものが出来てくるのだと思うけど、そのたびに皆さんは頭がいいから、どんどんやっていくんでしょうねー。

是非その頭を分けてほしいものです。

ふんわりケーキ

急にですけど、ふんわーーりした、口当たりのいいケーキが食べたくなりました。
普段はケーキはまったく食べません。
そうですねーー・・・こまかーい(何がだ?)ィフォンケーキのようなもの。
甘くないのがいいですね。
自分で作れって感じですが、スフレとかシフォンケーキって難しいでしょ。

どこかに売ってないかなーー、そういうの。
かといってもちろん高かったら買えません。
やっぱり自分で作るのがいいのかなー・・・難しいなー。

ネットで探せばありそうですね。
そういう手間をかけないから美味しいものがどこにあって、いくらくらいなのか知らないのだ。
あーー食べたい時にないとどんどん食べたい病がーー!

ケーキは弱点だーーー!
普段まったく食べないからさっぱり分からない。
スーパーのだって何がいいのか分からない。

ということで、今後は、自分は好きではないかもだけど、美味しいケーキをすぐに焼けるようにしておきたい。
うちには小麦粉などはいつもあるし。
ないのはタマゴかな。。
近くのお店にはいつも(たぶん)あるし、すぐに作れるはず。
あとは、、レシピだ。
さっぱり作り方って知らない。
昔は時々作っていたのにね。

郵便物や宅配便

一時は(今も??)宅配便の受け取りでもコロナウイルスが感染する、って騒がれていました。
では、自宅にこもりながらのピザの宅配もか?、、とかね。

そんなこと言ってたら本当に何もせず、でも何も買いにもいけず、
宅配もなく、
家に来るのは家族だけ。
その家族だって同じ状況なら、いつか人は死んでしまうでしょ。

同じ死ぬなら、、、って言ってはいけないが、、騒ぎすぎ、って思いました。

じっさいに、飛行機会社の客室乗務員とか、宅配業者の家族が感染してましたが、
仕事をまっとうしてたからこそ、ではないでしょうか。

サインをするときには、配達員のペンを借りるのではなく、自宅のものをつかおう、ってありましたが、
今はいいけど、今後もそういう習慣がついていけば問題ないと思います、
でも、普通は(今は)誰もが玄関先にペンは持っていないのが普通でしょ?
過剰ですよ。
とはいえ、今後はこういうこともしていかないといけないのでしょうね。

何も買えませんね、ネットで。。
お手紙だって受け取れません。

欧米ではマスクよりも「手を洗え」「顔を触るな」が主流でした。
統一できないほど新しいウイルスでしたのでね、今後の"正しい"情報に注意しましょう。

ふつかめ

髪の毛を毎日洗わない人が増えています。
美容師さんも「ふつかめの人のほうがまとめやすいです」って言うんですって。
汚れはないのか、ってことですけど、しばらく1日おき、または2日おきの生活をしていると、
糖質の方がそれになれてきて、さほど汚れなくなる、というか、
油っぽくなりません。大丈夫です。

なので、髪質を良くしようと思ったら、1日おき、、というよりも
"毎日洗うのをやめるといいです"
ほんとうなんです。

出来れば毎日洗いたいところですが、それも、そうしてきたから髪がそれに慣れてしまっているだけ。

1日置きに洗うなら、24時間でアブラを出すよー、ってなってるだけで、
これを1日おきにしたら身体がそれに慣れてくるんです。

髪にとっては毎日シャンプーしない方がいい。
これは確かなことです。

なので毎日洗ってる人で、髪の毛に満足してる人はいませんでしょ?
それが証拠です。最初はきついかもですが、なれてきますよーー。

ルミ子さん

小柳ルミ子さんってば、いつまでもお綺麗で、憧れます。
彼女はかつて、若い男性と結婚してましたが、離婚。
そのさいに、1億円払うか、芸能界から一生遠のくか、の選択を相手に求めました。
相手の浮気が原因だったから。

1億円をはらうことを選んだんじゃなかったかな。

そのお相手と歯、、、大隅健也さん(字は違うかも?)。
彼は今どこで何をしてるのか知らないけど、当時騒がれた六本木の彼女と結婚はしてないみたい。
ダンサーしてるんじゃないかなー、、、どこかで。

ダンスをやってた人が他の仕事を出来るとは考えにくい。
実業家になるってことはあってもね。

、、、、ちらっと見てみたけど、ルミ子さんのあとに再婚してますね、
でもその人があの相手だったのかは分かってないです。
というか、分かってはいるんだろうけど、私はそこまで掘り下げていない、ってことです。

実家が有名だとのうわさもありますが、ここもよく分からない。
いろいろなガセネタがありますからねー、、、。

さて、わあつぃは個人的にルミ子さんが好きですが、
こちらも、身近にコンサートがぁるとか、ダンスがあるんとかの情報がないので、
なかなかお会い出来ません、残念です。

テグスをこまねいて、

よく「テグスをこまねいて待ってるぜ」みたいな(間違ってる?)こと言いますが、あの「テグス」っていうのは、
透明な、または白い色の糸のようなものです。
あれは、釣り師などが使うものではあるのですが、手芸の世界でも使っているんですねー。
テグスにビーズを通してアクセサリーとかキーホルダーとか、ときにはバックも作れてしまうのです。

伸びるテグスというのもあって、これを」使えばブレスレットも出来るというし。
釣り人の使うものっていうイメージではあるけど、便利なものなんですねー。
そのテグスは手芸やさんとかアクセサリーパーツ屋さんで買うことができるけど、そこになんとおじさんが買いにやってくるんです。

アクセサリー・パーツのお店でおじさんを見ました。
お店の人は慣れたもので、聞けば(聞いた笑)、よくいらっしゃるお客様です、とのこと。
おじさんがアクセサリーを作るために買いにくるんだー。
釣り動議屋のテグスじゃなくて。

お店側は、それこそテグスを引いてまってる状態かもですね。
今はこういうアクセサリーのお店も多くなって競争がハゲシイらしいから。
競争があるからこそ、新しくていいもので、安いものを会社は提供できるわけです。
おじさんだって大事なお客様なのだ。
釣り道具展にいかないように、ね!

ステージ

人がガンになると、良く出て来る言葉・・「ステージ」。
ステージなんとか、の数字が上がればあがるほど、、進行してるってこと。

ガンの部位や種類によるけど、ステージの数が大きいと、それだけでびっくり、、、てか青くなる。
そのうえでどの治療法があるのか聞いて、やっていくことになるわけですが。
一般的に、痛いっていうよね、、、ステージ、、4とかだと。

痛いのを緩和させるためにも、化学療法などの治療をするのですが、
一般的に、これによる副作用もつらくて、
「殺してくれ」
ってくらい痛いのだそうだ。

痛くてもがきながらなくなっていく、という話を聞いたことがあるはずです。
本当に苦しいみたいで、それはやわらげてあげたいですねーー。

ステージいくつ、だけでははかれないものもありますが、
聞きたくなくても聞いてしまうこの言葉、、、その時によるのですが、
医者にはなんでも質問して、納得のいく治療をしていきましょう。

有名な(?)のでは、歌舞伎役者の奥様で、元アナウンサーの人が亡くなった時に、
よく「ステージなんとか」って出てましたね。

見つかった時にはひどかった、っていう例ですが、本人は少し前に検査をしていたのだそうです。
そういうこともあるので、定期的にちゃんと検査すべきなのですねー。